菌の惑星

カテゴリ:ストローベイルハウス( 9 )

風呂完成

a0163259_20484664.jpg

娘と散歩に出ると
手ぶらでは帰りたくないらしい
家にいる妻のために必ず何か土産を探しながら歩く





石 



野にある花は摘んでも良い(人の家のものは勝手にとったらダメ)と
保育園で教わったらしい
道端に花を見つけると
「これは の ?」
と聞いてくる


年末だ年始だと慌ただしくしていても
田舎道を歩くと

いつもとかわらない一日

a0163259_20491076.jpg

サルトリイバラの立派な赤い実がお気に入りだ

豆みたいなのはネムノキの実かな?

いっぱい実を集めると
なんだかリッチな気分になるなぁ

a0163259_20494873.jpg

やっと風呂ができた

水回りの工事はやっぱり大変だった


檜の芯材でけっこう重たくてしっかりした木材だったし
ニスも塗ったし
こんどは長持ちしてくれますよーに
[PR]
by kuhgzagza | 2014-01-05 20:57 | ストローベイルハウス

檜風呂

a0163259_934665.jpg

雨の日に刃物を研ぐ

こないだフンパツして買ったシャプトンの刃の黒幕シリーズが調子がいい
荒砥は天草砥石を使って
中砥と仕上げをシャプトンのオレンジ1000番と紫4000番という感じに研ぐと
すごくよく研げる

んーすごく良い

包丁 散髪鋏 ノミ カンナ 家にある刃物全部研ぐ
一生懸命といでも切れるのは短い間だ
雨の日にまめに研ぐのが良い


a0163259_94997.jpg

やっと最近時間ができるようになったので
かねてから気になっていた風呂の改修に手をつけることにする

風呂の作り方をあれこれ考えて
結局木で作ることにした
なんだかんだ言って穴を開けたり切ったり貼ったりの造作が楽なのだ

檜の板を切ってドリルで穴を開けてダボを打ち込む


a0163259_942621.jpg

ボンドを塗って
車用のジャッキを2つ使ってしっかり圧着

板になってしまえば5枚の板を適当にくっつけて箱にして
それでいいんじゃないかと思う
持っている道具で精度をだすのはむずかしいけど
水が漏りそうならシリコンコーキングで埋めればいいや
[PR]
by kuhgzagza | 2013-12-19 09:21 | ストローベイルハウス

漆喰

a0163259_645334.jpg

桃が咲いた

桃栗三年の四年目なのだ

去年はほとんど口に入らなかったが今年はどーだろうか
a0163259_6454613.jpg

春が来たので漆喰を塗ることにする

漆喰だけをぬったことがないのでやり方がよくわからないが
まあモルタルと大差ないでしょー

湿式工法はほとんど泥遊びの延長だ

a0163259_646992.jpg

下地はコンパネに防水シートをタッカーでとめて
メタルラスをまたタッカーでとめてモルタルを塗った

あんまり好きな工程じゃないけど漆喰を塗りたいがためにまあしょうがない
とガマンしてやってきたのだ

漆喰を塗ると空間の空気が変わる気がする
ぜんぶ木造とかビニールクロスとかはいきぐるしい

a0163259_6462962.jpg

これはほんとうに使い道がないな と思われる廃材から風呂の焚き物にしていく

この木はほぼ全面の表皮を虫に食われている

すごいなぁ
[PR]
by kuhgzagza | 2013-03-26 06:56 | ストローベイルハウス

床と苗木

a0163259_79232.jpg

床を張り始めた
床下には湿気が上がってこないように
古ビニールを敷いてうえに土をばらまいておいた
本来ならジャリを敷き詰めたいところだけども えーいもういいやという感じ
なにもしないよりはちょっとマシだろー

つい最近もらった2×4の古材で根太を作って
床板は杉の厚板をはる
檜の板より柔らかくてあたたかい感じがする

ようやく立って歩ける平面があらわれた

床下収納の細工のところに手間がかかっている

a0163259_792279.jpg

ウサギがいっぴき逃亡中だ

すぐに夜モノにとられてしまうかと思ったけど
けっこう生き延びている
トリと違って夜も目がきくのでかんたんにはつかまらないのだろう
他にとられるとしたら カラスかトンビのような空からの敵か

どこまでも逃亡するというわけでもなくて
小屋のまわりをうろうろしているので
空から狙いをつけにくいのかもしれない

ウサギはさみしくて死んでしまう なんて言ったのはだれなのだ?
いっぴきでもじつにイキイキしている

a0163259_795834.jpg

苗木の移植シーズンなのだ
大きくなってきた杏子の木を植え替えたり
伸び過ぎのブラックベリーを選定したり


今年は花の苗をいくつか植えた

ホームセンターで安売りしていた黒い釉薬の鉢には
むらさきしきぶを植えた
黒い鉢に紫の実がなったら
うつくしいだろうなとおもう

ガウラとアベリアも小さな苗を素焼きの鉢植えに植えた

黒い鉢植えはベトナム製 素焼きはイタリア製 信楽みたいな鉢はタイ製
鉢植えはけっこう国際色豊かだなぁ

a0163259_714229.jpg

店の前の花壇は冬場日が当たらないので
花をかたづけて
シマトネリコを植えた
まだ寒いので藁を根元にかぶせた
[PR]
by kuhgzagza | 2013-02-04 07:11 | ストローベイルハウス

扉 窓

a0163259_1721033.jpg

ようやく壁を作り始める

壁の成り立ちは簡単なようで意外と複雑だ
張ろうとしている「わきおとし」はサネ加工していないので
きちっと張ってもいずれ板が乾燥して縮んですいてくる
で下地が必要なわけだ
しかし本当に下地なんているんだろうかと
ずーっと考えていた

すいたところに土でもぺちゃっとつけておけばそれでいいような気もする
しかしこれは外側からの話なのでぜんぶに土を塗るのは下地と同じようなもんなので却下
隙間だけに塗るのは良さそうだけどどんな見た目になるのだろうか 美的問題で却下

苦労してサネ加工するか?そもそも定型でない板を定型に加工するのは至難なのでダメ

やっぱり
あんまり賛成できないけどコンパネがいい
面でおさえるから筋交もいらないし

心のほうでの壁の成り立ちが安定したところでホームセンターに行くと
ちょうどコンパネが安売りしている
おーグッドタイミング

a0163259_1721058.jpg

解体現場でもらってきた扉をつけた

アルミ作りで情緒がまったくないなぁ

しかし枠までついていてしっかりした扉なのでうれしい
あとでペンキでも塗ることにしよう
ちょっとはましになるかも知れない

a0163259_173315.jpg

同じ解体現場でもらってきた窓

昔の型ガラスだ
木製建具は雰囲気があるなぁ
けど傷み過ぎでガタガタ

a0163259_1723681.jpg

木材で外枠をもう一周付け足してガラスをシリコンでコーキング
マスキングして
ペンキ

いちいち
時間がかかるなあ
[PR]
by kuhgzagza | 2013-01-19 17:03 | ストローベイルハウス

棟上げ

a0163259_841124.jpg

基礎ができたので土台にベンガラを塗った

ブロックの基礎の上には10cm角の床用タイルを隙間を開けながら並べて張った
床用の廃タイルは大量にもらって使い道がないので困っているのだ

タイルの厚みが浮いた分、全方向の土台の下に隙間ができるので床下の換気が良くなるのではないかとおもう

さらに土台の木の下にはアスファルトルーフィングを10cm巾に切ってタッカーで止めたので
木造の構造物と基礎の土台が完全に縁が切れた状態にできた

a0163259_8413591.jpg

貯めていた廃材でここまでできた
かなりボロい木もあるけども燃やすのはもったいないし
というか進んでいくうちに材料が足りなくなってきて
えーいこれでもいいやという感じになってきた

古材は粘りがないのでホゾをちんたら切り込んでいると
パキっとわれてしまうので切込みはやめて
ダボを打つことにした

ちっこいダボじゃなんとなく不安ではあるけども
力を持つようなところは乗っけて支えて
ずれるのを防ぐようにダボを打つ感じで
材を組み合わせていけばだんだん強くなるからなんとかなるんじゃないかと

a0163259_842333.jpg

製材所で「わきおとし」というのを買ってきた
軽トラいっぱいで800円

丸太から材木を切り出した時にでる端材で普通は主に使い道がない

皮つきで厄介だけども



a0163259_8421778.jpg

ファサードにいけるんじゃないか?
と思うんだけどどうでしょう

a0163259_842411.jpg

石垣から見上げた茶の木

蜂たちが動けなくなるような気温になってきた
[PR]
by kuhgzagza | 2012-11-28 09:05 | ストローベイルハウス

小屋

a0163259_781095.jpg

家が狭くなったので
小屋を建てることにした

広さは3m×2mぐらいの小さな物置小屋

建て方は悩むところだけど
いろいろ考えすぎると理想はどこまでも高くなってしまい
ぜんぜん進まないので建築のテーマは「あまりむずかしいことはかんがえない」

まず丸太でどんどん土を突いて固める
建ってから傾いちゃったら大変なのだ

a0163259_783483.jpg

コンクリートブロックで布基礎を作る
水糸を張って直線を出して
空練りしたコンクリを均して
ブロックの肩を糸に合わせるように並べていく

この作り方が一番簡単であるていどマトモな基礎になると思う


a0163259_795054.jpg

ブロックは連結部分の穴だけにしっかりコンクリを詰め込んで
開いている穴は適当に石とか使わないタイルを詰めて上部分だけコンクリで撫でた

a0163259_785731.jpg

いいタイミングで雨が降った

ブロック下のコンクリも固くなってきてしっかりした基礎になってきた

ちゃんとボルトも立てたし
通風穴も作ったし
四角くてまじめな基礎になってしまった
遊び心も面白味もいまのところぜんぜんないけど
それはそれでいいのだ
あまりむずかしいことはかんがえない
[PR]
by kuhgzagza | 2012-11-06 07:25 | ストローベイルハウス

ソーラー温水機を作ってみる

a0163259_6413536.jpg

前から欲しかったソーラー熱温水器を自作してみる

まずは VU100 を十本購入 2mの長さで切って片側のエンドに100のキャップを付ける
反対側は VU100>VU50 の異形ソケットを接着して それぞれにVU50のチーズをつけておく
T字の部品をチーズと呼ぶのはなんでなのだ?


あんまりぜんぶ地面の上で作っちゃうと
屋根の上にのせるのが大変なので
接続をここまでにしておいて

太陽熱をよく集めるように上面だけをスプレーで黒に塗装



a0163259_6414592.jpg

100のエンドキャップに小さな空気穴を開けておく

反対側から水が上がってくる仕組み

a0163259_642259.jpg

できた集熱パイプを風呂場の屋根の上にのっけて
それぞれをVU50で接続

こっからちょっとややこしい

VU50を異形ソケット2個使ってVU13まで径を小さくして
屋根裏へ配管

屋根裏から壁をつたってVU13を風呂桶までひいてくる
a0163259_6421865.jpg

水道の出口(温水器の入口)には量水計をつけてある

水を出しっぱなしで忘れてしまって
風呂をあふれさせることを防止するために
つけた量水計

これが温水器にも役に立つ

屋根上の集熱パイプの容量はおよそ200Lで
それ以上水を入れると空気穴からあふれちゃうから

量水計で180Lぐらいに設定して水を送ればちょうどいいはず!


a0163259_6425549.jpg

室内は灰色の塩ビパイプむき出しじゃ安っぽいので
茶色に着色して高級感をアップ
むふふー


量水計からオレンジのバルブまではホースでつないで
水を上げるときはオレンジバルブを開ける

昼間はオレンジバルブを閉じておいて
夕方に蛇口をひねれば自然落下で温まったお湯が湯船に注がれる仕組み



できあがった
ノーエレクトリシチィ
ホットウォターシステム

いまのところアチチまではいかないけど
40度ぐらいのお湯ができる

薪の量が格段に減ったので
風呂沸かすのが楽になった

熱源がマキからソーラーになっただけだから
あんまり節電にはなってないなぁ
[PR]
by kuhgzagza | 2012-05-30 06:43 | ストローベイルハウス

ストローベイルハウス 改造

セルフビルドだからこそのセルフメンテ
a0163259_7381361.jpg

自作ストローベイルハウスのピラミッド型屋根は
どうも屋根内に熱気がたまりやすい

その結果屋根内の温度差で屋根内結露したり
夏は熱がこもってもやーんとした暑さが気になる

というわけで改造を決心
ガルバの平トタンを買ってきてチョキチョキ
a0163259_7382939.jpg

折れ目をいれてバシバシ叩いて加工していく
一応トタンの下地にプラダンで同型を作ってそれをもとに作成していく
勾配のきつい屋根の上で加工はできない
a0163259_7384361.jpg

こんな感じかな?
あたらしい帽子ピラミッド
a0163259_7385646.jpg

屋根の一番上部のトタンを剥いで
下地のルーフィングも破いて
バス板もはがして
そしてやっと断熱材が見えて屋根内の空間が現れるとあたたかい空気がむわーっとでてきた
この空気を逃がすような隙間を作るべきだったのだ

あたらしく作った帽子ピラミッドをかぶせて
改造終了

今年の春はよく風が吹いたなぁ
[PR]
by kuhgzagza | 2012-04-13 07:48 | ストローベイルハウス