菌の惑星

カテゴリ:鶏小屋( 11 )

大寒

a0163259_12282173.jpg

だいたい11月ごろ
日が短くなったなぁという頃から
鶏たちは卵を産まなくなる

寒いから産まないのかと思ったらそうではないらしくて
産卵行動は日照時間と関係があるらしい
冬でもスーパーの売り場には卵がきちんと並んでいるのは
鶏舎に夜間点灯して鶏たちに日が長いように錯覚させているからなのだそうだ

そのうち日照時間に疎い鶏が選抜されて
冬でもガンガン産む鶏種が登場するかもしれない
そうなると夜型に対応した鶏なので暗くても眼が見えるようになるのかもしれない

鶏はヒトに都合のいい性質が選抜されていく

ヒトもヒトに都合のいい性質が選抜されているなんてことはないだろーか


夜明けと共に「おはようございますあさですおきてください」なんてハキハキした声で鳴かれるようになったら
たまったもんじゃないなー



a0163259_12283828.jpg

うーん
今日もダメか

うちの鶏たちは12月は1っこも産んでいない

暦でいうところの大寒あたりから
徐々に日照が長くなるのでそれに合わせて
卵も産むはずなのでそろそろなはずなんだけどなぁ


卵のない食卓は寂しいな


カンナくずを敷き詰めた
おしりふかふか快適産卵箱で
おまちしておりますたまごさま
[PR]
by kuhgzagza | 2014-01-20 12:47 | 鶏小屋

発酵飼料

a0163259_9571545.jpg

鶏のエサ用にもらっていた古いコメがなくなってしまった

しょうがないので発酵飼料を自分で作ってなんとかしようとおもう

a0163259_9573330.jpg

本来的には栄養のあるものを色々と配合したほうが良いのだろうけども
いつも豆腐を作るときにでるおからに米ぬかを混ぜる

どちらもタダでいっぱいあるのだ

a0163259_9575246.jpg

軽く密封して暖かいところに置いておくと
パンのような匂いがして
うまそうになる

餌を切り替えた当初
鶏たちは「コメは?」みたいな顔していたがもう慣れたらしい

おからだけよりも
糠だけよりも
おいしいようだ

こんなものと野菜くずばっかりを食べて
タマゴ産んでくれて肥料も作ってくれて
肉もうまくって
ありがとーねトリさん

a0163259_1653149.jpg

そして毎年恒例の味噌作り

作り方を毎年忘れて毎年同じ検索をして同じホームページにたどり着いている

乾燥大豆1kg:乾燥麹1kg:塩0.48

たったこれだけの方程式がなかなか覚えられないのは
我が家では常に水に浸した大豆と生の麹で計算するからなのだ

大豆2~2.2kg:生麹1.5:塩0.48

このぐらいの分量を目安に仕込んでいる

a0163259_166626.jpg

今年は友人に教えてもらって酒粕で蓋をするやり方をやってみた

酒粕はベラベラとはがれてちょうど蓋をするのに使いやすい!

おーこれはいいかもしれないが
酒粕はカビないんだろうか??

前はいろいろな容器に入れていたけど
やっぱり甕に入れたやつが一番出来が良いような気がする

あたらしく作った床下収納に寝かせるので
温度も低温で安定できそうな感じだし

今年の味噌は期待できそうな気がするぞ
[PR]
by kuhgzagza | 2013-03-01 10:08 | 鶏小屋

しめる

a0163259_13433890.jpg

にわとりを絞めることにした
ひとりでさばくのは二回目なのだ
うまくいくだろうか

先生に教えてもらった捌き方を思い出しながらやってみる

a0163259_13435062.jpg

段ボールで円柱を作って
そのなかに同じように段ボールで作った円錐をはめ込む

頸動脈を切ってさかさまに放り込むと
血が抜ける

絵的にぶる下げるよりもこちらのほうが良いと思う

a0163259_134457.jpg

ちょっとお湯につけて

a0163259_13441958.jpg

毛をむしる

a0163259_13443695.jpg

腿をはずして 
胸をはずして
ささみをとって

あとは腿から骨をとる

a0163259_1344537.jpg

きれいにさばけた

うまれてこのかたブロイラーのやわらかい肉の味にどっぷりつかっているので
自分ところの鶏は特別な味がする
[PR]
by kuhgzagza | 2013-01-12 13:52 | 鶏小屋

新しいトリさん

a0163259_14384530.jpg

鶏が卵を産まなくなってきたので
新しい鶏をスカウトしてきました
黄斑プリマスロックという品種です
ブルモースと呼ばれたりもするようです

体がボリスよりも一回り大きい感じがします

最初は足取りもおぼつかずずっこけてばかりだったのが
だんだんと新しい環境にも慣れてきて
いじめを受けている古参のボリスとの関係もだいぶ良くなってきている感じです

ボリスは卵を一年間ほぼ毎日産んでくれて
その間に卵のサイズはすこしづつ大きくなり
最後のほうは殻が薄いたまごになって
ついには産まなくなりました
そして一羽は座り込んで動かなくなり
具合が悪いんじゃないか?と心配になりました
鳴き声も普段と違うし
羽は抜けているし
あきらかに様子がおかしいので
これはあきらめてつぶしてしまおうかなどと思っていました

いちおう鶏の専門家に見てもらったところ
「産むしについているかもしれない」だそうで
産むしにつく とは卵を抱えて雛をかえそうとするいわゆる抱卵モードのことらしい

ここらあたりに鶏を飼うことのおもしろさがあるように思います

人にとって都合の良い性質が選抜されて活躍しているけども
生き物がもともと持っている本能がときどき顔をだして
何かしなきゃいけないような気分になっている

かなしみ があります

a0163259_14391229.jpg

天気の良い日はコメを干しています
廃材で馬を作って垂木を渡してゴザをのせました

もう少しビシッと晴れてくれないかなぁ


a0163259_1439257.jpg

いつも
おっかけっこしているけども
仲がいいじゃないの
[PR]
by kuhgzagza | 2012-01-06 15:15 | 鶏小屋

ヒナ

a0163259_9348100.jpg

結局5個のうち2個が孵った
ヒナは生まれてから2日ぐらいは何も食べなくても生きていけるらしい
親鳥もまだタマゴが孵るかもしれないタイムラグの2日間は辛抱強くジッとタマゴを抱いていた

2日後に孵らないタマゴをスパッと諦めて
巣箱からヒナを連れ
水とエサを求めて飛び降りた

ヒナは生まれてからの2日間、体内に持って生まれた栄養で消化器官の発達を待つらしい

ヒナが孵った初日に親鳥が巣箱を出てしまえばヒナはまだエサを食べられず、まだ孵る筈のタマゴも孵らない

3日以上モタモタとタマゴを温めているとヒナが飢えて死んでしまう

親子で巣箱を飛び出るタイミングを合わせてあって

平然と生命のウルトラCを決めたのだ
[PR]
by kuhgzagza | 2011-07-04 09:33 | 鶏小屋

鶏小屋

a0163259_659291.jpg
a0163259_6592128.jpg

廃材を使って鶏小屋の増築をしています

今の採卵系メス2羽オス1羽の関係は良好のようです
しかしもう2歳近くになるのでもうすぐ卵をあまり産まなくなることが予想されます
卵をよく産む若い次世代を育てる必要があるのですが採卵系の鶏は子育てをしません
そこでウコッケイをスカウトしてきてこちらで仮親をしてもらおうと企んだわけなのですが
今のところウコッケイに卵を温める気はないようです

うーむ
ウコッケイは根気よく子育てをすると聞いていたので
何故なのだろうかと考えています

だいたいウコッケイのオスがうろうろするので(これは健康の証で良い傾向らしい)
メスは落ち着かないのではないだろうかと考え
産卵期に入ったらオスを隔離して
子育てに集中できるような環境を作ってやろうと思います

電気的に温めて卵を孵化させることも可能ですが
後々のいろいろを私が面倒をみるより
なるべくナチュラルな志向を目指して
他所方の子育てを観察してみたいです

鶏小屋は
前回のように高床式はやめて
土間方式でやっています
扉や産卵箱、水飲み場など
細かい造作が多いので
結構時間がかかります
[PR]
by kuhgzagza | 2011-04-16 07:12 | 鶏小屋

ウコ

a0163259_12205394.jpg

一匹だけ鶏の元気がありません
食欲があまりなくてトサカの色もうすいピンク色です
シッポも垂れています
心配で様子を見ているのですが
なかなか元気になりません
病気の峠は越しているようなので
はやくよくなってくれるように
ミミズをこそっとあげています
a0163259_12213884.jpg

ひょんなことで新たにウコッケイを飼う事になりました
2匹とも片目が悪く、放し飼いではカラスにやられてしまう心配があるので
a0163259_1222490.jpg

大急ぎで鶏小屋を増築
最初から比べるとだいぶ広くなりました
[PR]
by kuhgzagza | 2010-06-13 12:29 | 鶏小屋

増築

a0163259_9232573.jpg

鶏小屋の増築
約0.5坪広くなって1坪弱になりました
鶏も追加して雌3雄1で暮らしています
集雨システムは快調
水やりは楽になりました

a0163259_9235095.jpg

今までは入り口の扉を開放していたのですが
カラスが小屋に入りいたずらをするので
左の小さい窓から出入りさせるようにして
運動場を網で囲いました。

完全に放し飼いにするとカラスに襲われる危険性があったり
野菜を食べてしまったりと失敗ばかりでした。
小屋飼いで外に出さないほうが管理は楽ですが
鶏が自由に太陽を浴びたり砂浴びをしたり
時には雨に打たれたり
土をほじくりかえして虫を探したり
というようなことができません
なにしろあんまり鶏が見えないのでおもしろくないです

鶏と人間の距離がほどよく近く、外敵に襲われない
鶏小屋と放し飼いの形式をいろいろ試しましたが
今のところこの形で落ち着きました

夜になると鶏たちは勝手に小屋に帰るので戸締りだけして
朝が来たら窓を開けて開放してやります
[PR]
by kuhgzagza | 2010-05-21 09:32 | 鶏小屋

雨水タンク

a0163259_8524915.jpg

鶏小屋のトタン屋根に降った雨が
雨樋をつたって左側の黒いタンクへ流れるように
改造しました
黒いタンクからはパイプをつなげて
鶏さんの飲み水に使います。

雨樋は解体現場で拾ってきたもので
ポリタンクは納屋にころがっていたものを利用しました
タンクにドリルで穴を開けて20のバルブソケットをつけたところがミソです

今まではいちいち水道で飲み水をやっていたのですが
これで簡単に水やりができるはずです



さあ雨が降らないかな
[PR]
by kuhgzagza | 2010-05-07 08:59 | 鶏小屋

鶏小屋完成

a0163259_1148455.jpg

家を作ったときの残りの端材と
もらった廃材を使って鶏の家ができました
サッシと木製建具も廃材があったのでつけてみたら
なかなか立派になりました
とにかく手元にある材料でやったので
広さは0.5坪とあまり広くありません
作り方をあれこれ考えたり
鶏の習性を図書館で調べたり
充実したここ何日かでしたが
しょうしょう疲れました
いまから鶏をむかえにいきます
[PR]
by kuhgzagza | 2010-03-18 11:57 | 鶏小屋