菌の惑星

カテゴリ:本( 3 )

ジャリおじさん

a0163259_6261670.jpg

大竹伸朗さんの絵本「ジャリおじさん」
数ある絵本の中でも一番のお気に入り
a0163259_6263672.jpg

物語があって印象的な画面があって
読後に不思議な味わいがある
とてもいい本
a0163259_6265786.jpg

黄色いバナナ
a0163259_6271246.jpg

じゃなくてよく熟れたキュウリ
今年友達からもらったキュウリの苗はなんだか良かったような気がするので
種をとってみる
a0163259_6273199.jpg

大根、蕪、小松菜たねまき

昨日は稲に農薬をやる仕事を手伝いに行ってきた
あまり楽しい仕事じゃないけど
やらなきゃならない理由もよくわかる

ホースを引っ張って
ちくちくする田の中をあるいて
じゅばじゅば薬播くのは絵的にも美しくないし
嫌だけどしょうがなくやっている

次の日田を見たら蜘蛛がたくさん巣をはっていた
ああ
なんでもかんでも死んじゃうわけじゃないのか
[PR]
by kuhgzagza | 2012-09-06 06:36 |

a0163259_7384662.jpg

                       ↑型枠1回目

納豆工房では洗剤を使わない
ざるや鍋などの調理器具は流水にかけながらタワシできれいになるまでごしごしやる
洗剤を使わなければいけないような汚れは基本的に発生しない

工房ができた当初、排水は工房の裏へそのまま垂れ流しだったけど
水がたまって衛生的じゃないので
ストローベイルハウスを作るときにU字溝をずらーっと設置したのだ

しかし泥まみれで重たいU字溝を設置するのがあまりにも大変だったのと
注文したU字溝の数があと何本か足りなかったので
排水の終りのほうは自然な形のままにしてあった

a0163259_7392515.jpg

                       ↑型枠2回目

最近ナイチンゲールの記事を読んで
「よーしやっぱり排水の衛生を徹底すべきだ!」
と奮起して排水工事をまたはじめた


a0163259_7395224.jpg

                       ↑型枠3回目

こーやって写真を並べるとかんたんそうに見えるなぁ

2mの型枠を3回に分けて組んでナマコンを手で練って固めた

きちんと脇が固まると流速も上がるし
雑草が流れを止めてしまうこともないと思う
(夏にヘドロを噛んだ雑草を掃除するのが大変だった)

水は流れていれば腐敗しない
ひとところにとどまると環境が悪化する
当然といえば当然だけど不思議だなぁ




a0163259_7402071.jpg

ついについに
車谷長吉選 文士の意地 一冊3600円 買いました
図書館で何べんも何べんも借りてきていた本
手元においてじっくり読みたかったので奮発(古本だけど)

車谷長吉の「白痴群」もいつか手元に欲しい
[PR]
by kuhgzagza | 2012-02-18 07:55 |

ジャスミンと本

a0163259_964876.jpg

雨だったり雨のような天気がつづいています
大事にしているジャスミンに白い花がどんどん咲いて
あたまがシャッキリするようなとても強い香りがします

a0163259_974061.jpg

読んだ本を忘れるので
忘れないうちに書いておくといいと思うので書いておきます

最近友人に借りた「渋さ知らズ」のCDをずうっと聞いていて
そのCDにはヨーロッパツアーのDVD映像もついていて
西欧諸国を行脚する渋さメンバーの映像と
ステレオから流れる音楽と
「犬が星見た」が奏でるブンガグが全部頭の中で一緒になって
とてもおもしろい読書体験だった

覚えたロシア語

すぱしーば
[PR]
by kuhgzagza | 2010-06-30 09:58 |