菌の惑星

カテゴリ:畑( 48 )

a0163259_2072985.jpg

脱穀して米を片付けて

稲わらを持ち帰ってこづんだら

いらない稲わらはすぐ焼いてしまう

雨が降ったら燃えなくなるからだ

あとは竹をぼちぼちかたづけたら

今年の田んぼも終わりか

変な天気の年だったけど米はよくできてくれた

煙が目にしみる

a0163259_2010179.jpg

畑の芋を掘って

水路で洗う

泥の中からぱぁっとさつま芋の色が見えるとき

おおっ きれいやなぁって思う

さといもは不作だ 

来年の種芋を残したら売る分はあまりない

それでも少しづつ袋に詰めて出荷している

a0163259_20141520.jpg

猟期に入ったけど

気温が高いままだ

肉が冷えないから最近はイノシシもフィールドで捌いて肉だけ持ち帰るようにしている

吊るさないし背割りもしないで良いし後片付けも楽でいい

うつぶせにして背開きにすると皮が敷物のようになって

あのダニたちをあまり見ないで出来るのが良い

獲物を持って帰って冷やすと彼らは次の宿主を探してウロウロするのだ

現場でスピード勝負で捌いてしまえばその心配があまりない

何より肉が良い状態ですぐ冷やせる


数日寝かせていた肉を整理してまたコンフィを作った

油に自家製醤油と山のハチミツとかぼすとをミックスしてジプロックに入れて

70度前後の低温でじっくり火を入れる

試行錯誤しているうちにこういうやり方になってきた

あまり油をたくさん使うのはもったいないからとにかく身近にある素材を入れるのだ

という気持ちでやっている

本当のコンフィって食べたことない



シシは最後にカリッと焼いてから切る

シカは最初に焼いてから煮るほうがいいような気がしている

できたら包丁で切る

ドリップがだばだば出ても

ビビッてはいけないw

a0163259_20235526.jpg

どーれ そろそろ 健康飲料を仕込みましょう

と思ったけどやりかたと分量がさっぱり思い出せない

検索するけど去年みたページにたどり着けない

うーむ

確か米は一升で作っていたような気がするなぁ

冷凍してあった麹があまりなかったから

次回からは麹を仕込まないといけないのか

やれやれ 

とりあえず 米6合 麹600g イースト大さじ1 ダノンヨーグルト1個 水1.5L でやってみた

どーなるかだかな

ちと水が多かったかな?
[PR]
by kuhgzagza | 2016-11-11 20:29 |

農繁期突入

a0163259_9102689.jpg

さといもを植えた

5畝植えた

もっと植えようと思っていたけど種芋が足りなくなってしまった

トラクターのかけ方が悪くて後から何遍も管理機で中耕して大変だった

最初にしっかり耕起して中バイトでがっちり畝を作って

それから植えて

で管理機でパサっと中耕 土掛けが良いのだな それがやっと終わり頃になってわかった

これが経験値というやつなんだな 

今年はとにかくえらい苦労した

植え方も畝の高さも土の状態もイマイチな感じだ

ちゃんと育ってくれるのかなぁ

a0163259_9182773.jpg

ズッキーニも種を4袋買ってきて苗を仕立てていたのを植えた

こちらはしっかり畝は作れたけど植える間隔が狭すぎた

むぐぅ ズッキーニは葉が大きくしこるからもうちょっと間隔を広くするべきたった

狭いところで60cm 広いところは100cmぐらいか

元肥をやりすぎたかな?どーかな?

a0163259_9231688.jpg

スーパーゴールドⅡで作ったナイフが出来上がった

いままで使った中では一番良い鋼材だというので期待していた

ざっと使って研いでみてたしかに良い鋼材なんだなっていうのは感じる

刃持ち良し 研ぎやすい タフに切れる感じもあるし 鋭く斬るのもこなせる

でもやっぱり永久に長切れするわけでもなし 研ぐのもまあ鉄に比べりゃあ研ぎにくいし

ある意味こんなモンなんだなとも思った

スーパーゴールドⅡ以上の性能を持った鋼材ってのもあるのかも知れないけど

まあ研ぎやすいふつうの鋼材で十分なんだな

a0163259_931225.jpg

蕗を採るときに右手の人差し指の内側が切れるように持つと良い

ハンドルをチョークアップして指に刃をぴったり沿わせて使う

バークリバー社のgunnyというモデルを真似してそっくりに作ったつもりだけど

このナイフは本当に万能でよく考えられた立体成型なんだなー

筍の先を落とすときもグッと力を入れて握れる

鉄と木と自分がピタリとなってモノが切れていくこの快感w

a0163259_9443234.jpg

喧嘩をする

仲良く遊ぶ

両方同時に出来るから

すごいなぁ

あたまがやわらかいんだ
[PR]
by kuhgzagza | 2016-04-21 09:34 |

a0163259_558876.jpg

秋に収穫したかぼちゃが腐り始めた

ああ 食べきらない間に腐っちゃったなぁ と思うのと同時に

かぼちゃの自立の精神に感嘆する


もう播種適期だというのにいつまでも食べてくれない

硬い皮のままでは発芽することができないから

業を煮やしてかぼちゃが自分で発芽の準備を始めたのだ

うーむ


a0163259_63383.jpg

座り込んでいるのでなにをしているのかと聞いたら

春を探している と

保育園でそういうことを教えてもらうのだな

小さいつくしを見つけて喜んでいる
a0163259_652267.jpg

白菜に花が咲いちゃっている

それをバリバリ食べている

ボリュームがあってクセもなく本当にうまいな白菜の花は
[PR]
by kuhgzagza | 2016-03-23 06:06 |

黒豆

a0163259_16161025.jpg

黒豆を収穫した

春に近所のじいちゃんと一緒に植えてあったのだ

種蒔きと除草は一緒にして途中の管理と刈り取りがじいちゃん、脱穀は私が、という具合で

仲良くできた大豆を折半したら結構たくさんあった

選別は手でじゃらじゃらやってどのくらいになっただろうか 

綺麗な豆が10kgぐらいはあった

この豆をじゃらじゃらする感じが楽しいんだよなぁ


年末に間に合うように乾燥とパッケージングを急いで少しだけど出荷した

a0163259_16243863.jpg

帰ってこないところをみると

売れたんだろう

年末の売り場は買い物客で大騒ぎらしい


えーと

年の数だけ食べたっけ

忘れちゃったなぁ
[PR]
by kuhgzagza | 2015-12-06 16:15 |

稲刈り終わり

a0163259_63715.jpg

干して終わった米を唐箕にかけて袋に仕舞ってやっと今年の米作りがおしまい

あとは田んぼの竹を片付けるだけだ

それはゆっくりやればいい

あー

やっと片付いた

a0163259_656100.jpg

カエルくん

君もそろそろ冬支度したほうがいいんじゃないか

a0163259_66233.jpg

籾殻の上はけっこう人気スポットだな

チクチクしないんだろーか



a0163259_671672.jpg

大きめのナイフと小さいセミスキナーも完成

どっちもいい感じに仕上がった

特に小さいセミスキナーはとても使いやすい

フラットベベルの作りがうまくいってブレードの感じがとても良い

今までで一番先端が尖ったデザインでこれが関節の筋を切断するときに小回りが効く

なるほど皮剥と関節外しに都合よく考えられた形なんだな

骨透きにもいいし汎用性は高いナイフだけど背ロースとりにはエッジが平らすぎるかもしれない

まあできないこともないんだろうけど


少し大きめの黒いナイフは頼りになる感じがいい

ハンドルの握りがとても気持ちいい

小さいナイフでこなせない仕事はこれの出番だ

そういう安心感がある


これでナイフ作りも一段落だ

あと何本か作ってみたい形があるけどそれはまたゆっくりやっていこう

先にシースを作らなくちゃ

a0163259_6165288.jpg

ハンドル材の余ったやつを

a0163259_6173087.jpg

糸鋸でギコギコやって

ヤスリとノミやらを駆使して1時間ぐらいゴシゴシやると


a0163259_6185355.jpg

スプーンになった


形を作ってからの塗装に時間がかかる

ナイフの柄は桐油でオイルフィニッシュに仕上げる

そのほうが握った感じがいいし問題があったらまた600番のペーパーをかけて桐油を塗ればいい


しかしスプーンはニスを塗ったほうがいいような感じがしている

スプーンは構造的に曲面が多いから表面にさらされる導管の面積が広い

導管を完全に平に仕上げないと口の中でざらついて不愉快である

濡れるとまた導管から水分を吸い込んで木が伸び縮みするから乾きも遅くて

湿った木を口に入れるとなんだか不潔な感じがする


ニスだって完璧じゃないからだんだん剥げてその剥げた塗装は食べちゃってることになるから

不健康な感じがしないでもないがそれを差し引いてもニスを塗ったほうが良いと思う


ニスを綺麗に塗るのが難しい・・・

塗装の世界もまた奥が深そうだ
[PR]
by kuhgzagza | 2015-11-12 06:20 |

稲刈りつづき

a0163259_62222.jpg

柿をとりに行ってきた

まったく手をかけなくてもいっぱいなるんだからすごいな柿は

いくら食べても飽きない

a0163259_6101541.jpg

唐箕は2回かける

今年は量が多いから大変だ

a0163259_642164.jpg

掛け干しを脱穀してから

持ち帰って庭先で天日干しを2日ぐらいすることにしている

コメが光を浴びてあたたかくなったところで袋にしまう

なんとなくだけどそのほうが良いような気がしている


実際水分計で測ったら掛け干し状態で17%ぐらい

天日干しで15%ぐらいだった


木材の自然乾燥と機械乾燥では同じ水分量でも艶やその後の状態に差が出るらしい

コメでもそういうことが言えるのではないか


a0163259_611978.jpg

カンリュウで籾摺り精米

やっと白い米が顔をだした

どうだ!今年のコメは?

a0163259_6123994.jpg

ありゃ~

クダケが多いだなぁ


食べてみたら味は良しだった

a0163259_6135479.jpg

遅もののニコマルの稲刈りを始める

こっちは良い出来だぞー
[PR]
by kuhgzagza | 2015-10-24 06:15 |

コメ不作か?

a0163259_6593673.jpg

コメの出来がイマイチだなぁ

ちょうどコメの花が咲く数日間に台風が来て

穂が揺さぶられて受粉がうまくいかなかったらしい

a0163259_711790.jpg

遠目にはいい感じなんだけど

田に入って穂をよく見ると良くない・・・

くやしいなぁ


遅手の品種の田はなんともなくて いい感じ

そっちの田はリスク回避できたわけだ それは良かった


今年はコメの収穫がすこし遅れている

例年より10日ぐらい遅めの感じ

逆にぶどうの収穫は早く終わった
a0163259_721747.jpg

里芋の収穫も始まった

夏の日照りのとき面倒をよく見きれなかったのが悪かったなぁ

それでもそこそこ芋は入っている

洗って揃えて袋に詰めて出荷するのがたいへんだ

すこしづつやるしかない

春までに終わるのかこれ?なんてことは考えないほうが良さそうだ

a0163259_75324.jpg

そうこうしているうちに

にんにくの植え付けの応援を頼まれた

これもなかなか地道な作業だ


田にコメ植えて

ほたっておけば

そこそこ食える

そんな時代じゃないらしい

なんだかな


でも まあ いい

こんぐらい屁の河童だ

最後まで見せてもらうさ
[PR]
by kuhgzagza | 2015-10-08 07:06 |

大豆播種

a0163259_5572931.jpg

訳があって里芋の畑の面倒を見ることになった

広さは1反ぐらいある

とても家じゃ食べきれない

ちゃんと収穫できて ちゃんと販売までできるんだろーか 

育て方もよくわかってないし・・・

じいさんに言われるままマルチをして芽かぎをしたらむくむくと大きくなってきた

とりあえず畝間の草さえなんとかすればどーにかなるだろー


a0163259_5581949.jpg

ズッキーニはなかなか良く出来た

緑と黄色と両方植えると彩が良いな

今年はすももが少しだけなった

大胆に剪定するとイイらしい 冬になったら思い切って切っちゃおうかな




a0163259_559255.jpg

週に一度だけ

豆を摺って 炊いて 1時間ほどうんうんいって豆乳を作る

半分はパンと交換してもらって 残りの半分を家で飲んだりヨーグルトにしたりする

パンと牛乳を買わないでよくなった


a0163259_5593876.jpg

大豆播種始まり

6月24日~6月30日

まあまあの時期に蒔けたし

雨の降り具合もまあまあな感じ


今年は大豆を植える前の畑の状態に気を配った

適期に耕して 水はけと雑草の管理をする これが実は一番難しくて大切な作業だと思う

耕し方 耕すタイミングを天気と相談しながらやってきた

土質がそれぞれ畑によって違うし 水はけ 日当たりの条件もそれぞれ違うから 個々の畑にあったやり方になる


植えるときに播種機のトラクターの感触で「 ああ ここはイマイチだな ここは良いな」 ってのがわかるようになってきた

一枚だけ「おお ベストな状態かも」  ってところがあった

どーなるかな
[PR]
by kuhgzagza | 2015-07-02 06:00 |

田植え

a0163259_7131964.jpg

苗を運んだのは6月4日


苗運びの段取りと苗代の後の代掻きなど

田を植えるまでの微妙な仕事運びで悩んだのでじいちゃんに助言を求めた

じいちゃんは全部の質問に明快に答えてくれた

なんでもわからないことは聞いたら教えてくれるし

ついでに昔話もしてくれる

「昔は牛で・・・」っていう話になったらもー最高



最近は「無農薬」だとか「有機栽培」なんてことは

どーでもいいことだと思っている


作物は多様で育てる術は複雑だから

とても一口に言えるものじゃない


無農薬の方が良い 自然農ならなお良い という優劣のつけ方はなんかおかしくないか?

技術の一つにすぎないだろー



a0163259_7173654.jpg

田植えは6月7日

今年は苗箱を40箱仕立てたけど

今の疎植方式だと30箱でも十分足りたな


疎植にこだわるのは稲を広々と育てたいと思うからで

密植すると病気も虫もばぁーって広がるんじゃないかと懸念しているのだ


なにもトラブルがなきゃ密植でもいいんだろうと思うけど

田植え後 田の中を歩きにくいってのもある


それにしても田植機の調子が悪くて参った

あのポンコツが来年も動くのか疑問だ


a0163259_730409.jpg

今年はタマネギが不作だ


こういうこともあるから300個以上は植えたほうがいいのだな




玉ねぎを植える時に畝の間にある程度スペースを空けて植えて

そこに玉ねぎの収穫前にスイカを植えて

タマネギ収穫と同時に敷き藁をするという

画期的なアイデアは今のところうまくいっているように見える


来年もこうしよー
[PR]
by kuhgzagza | 2015-06-08 07:31 |

百花

a0163259_7154891.jpg

散歩の途中でにんにくの花を見つけた

近所のじいちゃん曰く食べられるらしい

にんにくと一緒だと言っていた

うちのもそろそろ収穫だ

にんにくだけは失敗したことがないな


5月は雨が少なかった

畑がカチカチになっている

a0163259_7173367.jpg

新しくできた県立美術館に行ってきた

良いのものがいっぱい来ていた

こどもと一緒なのでじっくり見ることなんて出来ないのだ

ざーっと見て 子供のワークショップでちょっと遊んだ

あんまり広い美術館では無いんだな

a0163259_7215282.jpg

苗代の銀色シートをはいで

荒代掻きした

ん! 案外いい感じなんじゃないか?

a0163259_7231666.jpg

いちばん伸びてるのはモチでもう植えられそうな感じだ

次が遅もののニコマルで

ヒノヒカリが短い


むう

先にヒノヒカリを植えたいんだけど 

どうしたもんかなぁ


美しい朝だ
[PR]
by kuhgzagza | 2015-06-02 07:25 |