菌の惑星

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アリと泥だんご

a0163259_6593443.jpg

いつものように朝ミミズコンポストを開けてみると
蟻が大発生
どこまでもつづく蟻の道・・・。
なにやら白い小さなツブツブを抱えています
卵かな?
そのかわり最近多かったコバエが一匹もいない
アリの多数に圧倒されて逃げたのかも?
ここらへん生き物コンポストはにぎやかでおもしろいなあと思います

このコンポストにおいて神である私はアリを追いやるために
一日アリをいじめました


a0163259_7254979.jpg

そして久しぶりに
壁土に使ったあまりの土で
一日かけて泥だんごを作った
どうだいこの光沢は!!


有機の土と無機の土
のおもしろさ
[PR]
by kuhgzagza | 2010-05-26 07:27 | 今日のミミズ

増築

a0163259_9232573.jpg

鶏小屋の増築
約0.5坪広くなって1坪弱になりました
鶏も追加して雌3雄1で暮らしています
集雨システムは快調
水やりは楽になりました

a0163259_9235095.jpg

今までは入り口の扉を開放していたのですが
カラスが小屋に入りいたずらをするので
左の小さい窓から出入りさせるようにして
運動場を網で囲いました。

完全に放し飼いにするとカラスに襲われる危険性があったり
野菜を食べてしまったりと失敗ばかりでした。
小屋飼いで外に出さないほうが管理は楽ですが
鶏が自由に太陽を浴びたり砂浴びをしたり
時には雨に打たれたり
土をほじくりかえして虫を探したり
というようなことができません
なにしろあんまり鶏が見えないのでおもしろくないです

鶏と人間の距離がほどよく近く、外敵に襲われない
鶏小屋と放し飼いの形式をいろいろ試しましたが
今のところこの形で落ち着きました

夜になると鶏たちは勝手に小屋に帰るので戸締りだけして
朝が来たら窓を開けて開放してやります
[PR]
by kuhgzagza | 2010-05-21 09:32 | 鶏小屋

lotus

a0163259_95916.jpg

ほったらかしていたレンコンから芽が出ていたので活けてやろうと思って
大きめの睡蓮鉢を探すのですがなかなか良い物がありません
良い物は値段も高いので
なにか代わりになるようなもの・・・。

ということで
捨ててあった洗濯機を分解して
中のタンクを取り出しました

全自動洗濯機は構造がややこしく、ステンのボルトがなかなかはずれないので分解が大変でしたが
すえてみたらまあまあいい感じです


廃材から清浄無垢の蓮がにょきにょきっと咲いたら
おもしろいかも

このポリタンクは紫外線に弱いかな?
[PR]
by kuhgzagza | 2010-05-19 09:23 | つくったもの

蓑虫

a0163259_914929.jpg

とうもろこしの葉を大きくかじった虫がいるので
なんだろう と思って近づいてみると
ミノムシです

ミノムシは秋の虫と思っていたので調べてみると
1齢幼虫のようです
「成長するにつれてミノを拡大・改変して小枝や葉片をつけて大きくし、終令幼虫に達する」とあります

70年代生まれの私としては
90年代から激減して
絶滅まで危惧されている
彼らを多少応援する気持ちがあるので

それ僕のトウモロコシだけど
一本食べてもいいよ
というやさしい気持ちで
ミノの拡大・改変を認めることにいたします。
[PR]
by kuhgzagza | 2010-05-09 09:15

雨水タンク

a0163259_8524915.jpg

鶏小屋のトタン屋根に降った雨が
雨樋をつたって左側の黒いタンクへ流れるように
改造しました
黒いタンクからはパイプをつなげて
鶏さんの飲み水に使います。

雨樋は解体現場で拾ってきたもので
ポリタンクは納屋にころがっていたものを利用しました
タンクにドリルで穴を開けて20のバルブソケットをつけたところがミソです

今まではいちいち水道で飲み水をやっていたのですが
これで簡単に水やりができるはずです



さあ雨が降らないかな
[PR]
by kuhgzagza | 2010-05-07 08:59 | 鶏小屋

月刊プラザ

a0163259_12132231.jpg

大分市内に配布されている無料冊子、月刊プラザに納豆工房が掲載されました。
a0163259_12134077.jpg
a0163259_12135914.jpg

[PR]
by kuhgzagza | 2010-05-02 12:15 | media