菌の惑星

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

棟上げ

a0163259_841124.jpg

基礎ができたので土台にベンガラを塗った

ブロックの基礎の上には10cm角の床用タイルを隙間を開けながら並べて張った
床用の廃タイルは大量にもらって使い道がないので困っているのだ

タイルの厚みが浮いた分、全方向の土台の下に隙間ができるので床下の換気が良くなるのではないかとおもう

さらに土台の木の下にはアスファルトルーフィングを10cm巾に切ってタッカーで止めたので
木造の構造物と基礎の土台が完全に縁が切れた状態にできた

a0163259_8413591.jpg

貯めていた廃材でここまでできた
かなりボロい木もあるけども燃やすのはもったいないし
というか進んでいくうちに材料が足りなくなってきて
えーいこれでもいいやという感じになってきた

古材は粘りがないのでホゾをちんたら切り込んでいると
パキっとわれてしまうので切込みはやめて
ダボを打つことにした

ちっこいダボじゃなんとなく不安ではあるけども
力を持つようなところは乗っけて支えて
ずれるのを防ぐようにダボを打つ感じで
材を組み合わせていけばだんだん強くなるからなんとかなるんじゃないかと

a0163259_842333.jpg

製材所で「わきおとし」というのを買ってきた
軽トラいっぱいで800円

丸太から材木を切り出した時にでる端材で普通は主に使い道がない

皮つきで厄介だけども



a0163259_8421778.jpg

ファサードにいけるんじゃないか?
と思うんだけどどうでしょう

a0163259_842411.jpg

石垣から見上げた茶の木

蜂たちが動けなくなるような気温になってきた
[PR]
by kuhgzagza | 2012-11-28 09:05 | ストローベイルハウス

小豆

a0163259_8453255.jpg

今年は小豆が豊作だ

去年と同じに作ったのだけどなかなか収穫が終わらない

台風の風で茎が途中で折れているのがほとんどなのに
実はたくさんついている

小豆は茶色く熟れたものから収穫してくる
脱穀のやり方はいろいろ試したけれども
バラダに広げて
棒でたたいて実をはじくやり方で落ち着いている
よく干して莢をパリパリにしないとうまくいかない

a0163259_8454728.jpg

二回たたくのをやって
それから網でふるう
小さいカス豆がぽろぽろ落ちる

a0163259_846460.jpg

唐箕にも二回かける
これでだいたいのゴミは取り除けるのであとは

a0163259_8461716.jpg

ストーブの前でじゃらじゃらしながら虫食い豆を指でつまみだす

小豆はぴかぴかしていて触っていて飽きない
お手玉の中身があずきだったりするのも
なんとなく納得する

「じゃ」っとなったときの感触がとてもいい

a0163259_8463057.jpg

個袋に分けて脱酸素剤をいれてシーラーでしっかりパックした
食べきれない分は販売しようと思う

いままでは米袋に入れていたけど虫が発生して困るので
今年は虫対策に脱酸素剤をやってみることにした
鉄が酸化する過程でまわりの酸素がなくなるので
きっちりと封をしておけば中で虫や微生物が活動できなくなる仕組みらしい

酸化していない鉄粉を密閉して封入してあるところがこの商品のミソなのだな
と小さな袋を見て考える

ということは灯油を入れるポリタンクとかに穀物をいれて
使い捨てカイロを開封してすぐいれて密閉しておけば
かなり脱酸素状態を作れるのではないか?

来年は小麦をしまっておくのにそういう風にしてみよう
6月にホッカイロ売ってるかなぁ

毎年播種時期には半分ぐらいは虫にやられてしまっていた
こんどはどーだろうか
うまくいくといいな
[PR]
by kuhgzagza | 2012-11-24 09:01 |

給餌

a0163259_15155717.jpg

セイタカアワダチソウがもうすぐ終わりで
今は茶の花が咲いている

コーポ杉の木のにほんみつばち群は蜜集めが十分にできなかった様子だ
巣箱が軽い

このままでは越冬は無理であろうと思うので
給餌の準備を行うことにした


トレーに箸を浮かべるやり方を試したが
溺死する蜂がいる

そこでプラ容器に細工をして砂糖水を入れる方式を試した
このほうが蜂たちも安全のようだ

口からストローが出てきて砂糖水をすすっている様子がよくわかっておもしろいなー


a0163259_15161566.jpg

カップ容器に錐で穴をあけて
蓋のほうもすこし折曲げて加工しておく

カップの噛み合わせが良すぎると空気が入ってこない


a0163259_15162695.jpg

引出型の枠を作成

これを巣箱の一番下にかましてやれば
いいんじゃないかなと

a0163259_1538373.jpg

もう一群はなにも手をかけないことに決めた
[PR]
by kuhgzagza | 2012-11-18 15:29 | にほんみつばちの養蜂

カレンダー

a0163259_954377.jpg

来年こそはJAとかガス屋にもらう粗品カレンダーを卒業したいと思っていたので

なかむら葉子 さんのとても美しいカレンダーを購入した

画鋲でボチッと壁にとめるのも気がひけるので額を作る


こないだ知人にもらった新しい廃材の中から良さそうな部材を探す

適度な厚みの羽目板があったので

羽目板の凹部分を加工すればいいんじゃないかとおもう

額を作るのはけっこうむずかしい


a0163259_96274.jpg

感じの良い古い建具の薄板があったので

これを生かそうとして

そのまんま 枠を作ってくっつけた

上だけ切込みをいれてここから紙を出し入れする仕組み




a0163259_961184.jpg

多少アンシンメトリーだけども

うまくできた
[PR]
by kuhgzagza | 2012-11-12 09:18 | つくったもの

小屋

a0163259_781095.jpg

家が狭くなったので
小屋を建てることにした

広さは3m×2mぐらいの小さな物置小屋

建て方は悩むところだけど
いろいろ考えすぎると理想はどこまでも高くなってしまい
ぜんぜん進まないので建築のテーマは「あまりむずかしいことはかんがえない」

まず丸太でどんどん土を突いて固める
建ってから傾いちゃったら大変なのだ

a0163259_783483.jpg

コンクリートブロックで布基礎を作る
水糸を張って直線を出して
空練りしたコンクリを均して
ブロックの肩を糸に合わせるように並べていく

この作り方が一番簡単であるていどマトモな基礎になると思う


a0163259_795054.jpg

ブロックは連結部分の穴だけにしっかりコンクリを詰め込んで
開いている穴は適当に石とか使わないタイルを詰めて上部分だけコンクリで撫でた

a0163259_785731.jpg

いいタイミングで雨が降った

ブロック下のコンクリも固くなってきてしっかりした基礎になってきた

ちゃんとボルトも立てたし
通風穴も作ったし
四角くてまじめな基礎になってしまった
遊び心も面白味もいまのところぜんぜんないけど
それはそれでいいのだ
あまりむずかしいことはかんがえない
[PR]
by kuhgzagza | 2012-11-06 07:25 | ストローベイルハウス