菌の惑星

<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

水草カッター

a0163259_7111670.jpg

今年も米糠除草をやった
袋に入れた糠をやっこらと担いで
泥田の中をふらふら歩きながらばらまく
おたまじゃくしがたくさん泳いでいる

2,3日で水が赤茶に濁って醗酵して
たちのぼるなんとも言えないいいにおい

芽が出たばかりコナギなどは苦しそうだ しめしめ

ものすごい効果があるというわけではないけどもやらないよりはマシ

a0163259_7112988.jpg

今年あらたに試した草刈り機用のアタッチメント
水田除草用 水草カッター2500円

小さめの刃にオレンジのガードがついている
装着は草刈り機の刃を取り換えるだけといとも簡単

早速、田んぼで使用してみる
おお!これは良い!

デッキブラシで田をごしごしやるのよりずっと良い!

何万円もする除草機よりコストパフォーマンスよし!

草刈り機の操作を慎重にしないと稲も切っちゃうので
集中力は必要だがはいつくばるよりも体も楽だしけっこう早い

今年はこれでいこー

a0163259_7114279.jpg

ただ水中で刃が回転するので抵抗がかなりあるらしく
エンジンへの負荷がすこし気になる

機械のメンテナンスをして
調子をあげておかないといけない

マフラーをはずしてコンロの上で中を焼いた
詰まっているゴミが焼けて調子は上がるはずだ

a0163259_7115858.jpg


そのちょうし そのちょうし
[PR]
by kuhgzagza | 2013-06-28 07:28 | 田んぼ 畑

田植え

a0163259_4542026.jpg

昨日やっと田植え
今年も失敗だ あーあ ぜんぶ最初からやり直したい

まず苗が小さかった
これはシートを剥ぐのが早すぎたのだ
「発芽したらすぐにシートを剥いだ方がゆっくり丈夫な苗が育つ」というニワカこだわり知識がいけなかった
「シートの中で背丈をある程度伸ばしておいてそこから日に当てて苗を固くする感じ」じゃないとダメだ

それから代掻きも失敗だ
トラクターは毎回借りてくるので「はやく油を入れて返さないと」という気負いもあるし
その都度トラクターが違うと特性もつかみづらい
そこにさらに「掻きすぎると土が目詰まりしちゃって稲が育ちにくいよ」なんていうまたニワカ知識が邪魔をして
ちゃんと代掻きできていなかった
土はごろごろだし平面はでてないし

田植え機は去年と同じ歩行モードで突っ走って苗の間隔を広く植えた
それはいいのだけどやはり欠株が気になるし
なにせ代掻きがちゃんとなってないから植えずらいし
行ったり来たりの継ぎ目も狭すぎだ フロートを引きずった跡を反対側のフロートでなぞったつもりだったけど
もう15cmは離れて植えないとあとで田の中を歩きにくい

あー
もう一回最初から直したい

あまりに田んぼが気になるので夜明け前から見回りにいくも
暗くて苗の状態がよく見えん

無農薬だ有機だなんだと
こだわる以前に自然観察、状況判断と道具の操作技術を身に着けないと
なんにもならんなぁ


a0163259_4543380.jpg

うんこをブリブリしながらよく育っている
すごい生命力だ

生後数週間で体がみるみる立派になってきた

励まされるなー

a0163259_4544422.jpg

日が上る前に
ズッキーニの受粉をするのが日課

花は一日しか咲かない
[PR]
by kuhgzagza | 2013-06-07 05:07 | 田んぼ 畑