菌の惑星

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

熟柿とピーナッツ

a0163259_13432237.jpg

ピーナッツが豊作である
ピーナッツはマメ科なのだ
ナッツってのは木の実って感じなので
ピーってなんなんだろ
沖縄のジーマミー(地豆)は良い呼び名だと思う
a0163259_13434889.jpg

アミアミ模様の不思議な部屋の中を覗くと
大きな体がきつそうにぴったりおさまっていたり
大部屋にちょこんと小さいのがいたり

花は地上で咲くのに
そっから地中に実をつけて
しかも木の実っぽいなんて
とっても変わっている
落花生 か 
落花豆じゃないのはどーしてなんだろー
a0163259_134492.jpg

今年は柿年らしい
熟柿が真っ赤に熟れていていまにもじゅるっとなりそうだ
ん?
「じゅくし」で変換すると「熟柿」と出るぞ

a0163259_13443898.jpg

うわぁ
どうだこの熟しぐあいは
まるで宝石じゃないか
ぐわぁ
[PR]
by kuhgzagza | 2013-10-27 13:53 | 半径2kmの味

自分で車検

a0163259_65043.jpg

車検の時期がやってきた
いつもお世話になっている車屋さんには申し訳ないが
ユーザー車検にチャレンジしてみようと思う

「駆動輪のゴム関係は見といたほうがいいよ」という
ユーザー車検ベテランの友人のアドバイスで
前輪をはずしてみる
a0163259_671470.jpg

ドライブシャフトブーツが破けている・・・。
これではグリスが遠心力で飛び散ってシャフトが正常に回転しなくなる恐れがあるので
車検でアウト
ディーラーに修理を依頼すると2万ちょっとと言われた
いろいろと調べると自分で修理できそうな部品が売っている
部品だけなら1万円しない

なんでも調べればわかっちゃうし
たいていのものはパソコンから買うことができる
すごい時代だなぁ
a0163259_673221.jpg

なにしろ初めてなので下見をかねて
事前に陸運局の窓口へ行って
書類をそろえた

印紙の購入やら検査ラインやらを下見させてもらった
陸運局にはユーザー車検の窓口もあるしビデオも流れていて
受付のねーちゃん以外は皆親切な感じ
車屋さんがひっきりなしに訪れている
つなぎ率高し
a0163259_674489.jpg

古い車検証から書き写すものがいろいろあって
あとは税金と保険関係
ふむふむ
a0163259_67589.jpg

自分で整備したのは
タイヤ交換2本(中古)
ドライブシャフトブーツ交換
ワイパー交換
エンジンオイル交換
ライト関係とボンネットの中をチェック
下回り洗浄

検査ラインにならんだ
いろいろと自分で検査機に乗らないといけないので
緊張するなぁ
初めてですと言うと
検査官のおじちゃんがついて来てくれて親切に教えてくれた
a0163259_6818100.jpg

できた!車検
うれしい
[PR]
by kuhgzagza | 2013-10-12 06:13

綿繰り機

a0163259_8321518.jpg

綿が咲いた
相変わらずハマキムシにバリバリやられながらも
実がはじけている

はたおりをしている友人に種とりは専用の道具があるのだよと
教えてもらってそれを作ってみることにする

いつもは指でもぞもぞしてワタのなかから爪を使って種をぶちっっとやっていて
とても大変なのでみんなどーやって種を取っているのか不思議だったのだ
a0163259_8322959.jpg

どうやら二本の木の棒を回転させてワタをこそぎ取るらしい

ちょうど良さそうなボロいデッキブラシの柄を切断

あーでもないこーでもないと
いろいろな廃材を切って組み合わせて
a0163259_832433.jpg

出来た!

本当は木のギアがあるといいのだけど作るのが難しいので
ダブルハンドル方式にしてみた
a0163259_8325597.jpg

うーん
けっこう大変だなぁ
モーターつけたい
[PR]
by kuhgzagza | 2013-10-10 08:43 | つくったもの

稲刈り

a0163259_791931.jpg

バインダーの調子が悪い

エンジンの吹き上がりが良くないなぁと
思いつつなんとか動いていたのが
とうとう止まってしまった
a0163259_7101176.jpg

エアクリーナーをはずしてキャブレターを分解する
農機具の不具合の9割方はキャブ異常ときまっているのだ

ああ
ここが悪いなぁ
とやっているとほかのところが悪くなる
そこを直しているとまた別のところから不具合が出てくる

むむー
稲刈りのほとんどが機械の調整になっているぞ
しかしそれもまあ悪くないのだ
古い道具をなおして使うのには快感がある
a0163259_7102344.jpg

プラグの接触不良もあるようだ
燃料コック内の汚れも怪しい
キャブは調整してビッカビカだ
全部なおしてそれでもウフンウフンいうということは
もっと別のところ
たとえばキャブと本体の接続部分のガスケットがあやしい
昔の機械のガスケットなんて売っていないので
自作する
藁半紙をカッターで切り抜いてオイルを染まして
それを何枚か重ねて代用する

なんとかこれで動いたけど

この機械ももういいかげん寿命だなぁ
刈り取り部分が限界だ
狭いところのねじ山がなめる寸前で
このボルトはずしたらはめるのは無理だなっていうのが何本かある
研いで使ってきた刈刃もガタガタだ

3年前にスクラップで拾ってきたときは
パンクしてるしアクセルワイヤーはないわ
よたよただったのだ
よく3年間も稲刈り麦刈りに動いてくれた

いつも調子が悪くて調整が必要なので
いろんなことを教えてくれた

新しいスクラップを探すべし
[PR]
by kuhgzagza | 2013-10-04 07:29 | 半径2kmの味