菌の惑星

<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鹿と醤油

a0163259_645321.jpg

かからんなぁ と言っていたら

雨上がりに鹿がかかった

今までで一番大きい

今日の晩飯は背ロースのタタキだ

タレは醤油がいい

a0163259_6463421.jpg

去年仕込んだ醤油を絞ることにした

絞り方は樽の中にザルを浮かべておくやり方でやってみた

ちびちびと黒い醤油がとれる

a0163259_64833.jpg

ザルにドバっとモロミを入れて上から重しをしてみた

この方が早いかな?

しかしこの大量のモロミを一体どうしたらいいのだろう?

ごはんに乗せるととても旨いけどこんなに沢山あってもなぁ
[PR]
by kuhgzagza | 2015-01-24 06:51 | 半径2kmの味

砥石とそれぞれの冬

年が明けてから獲物がない

理由は山の木の実にあると思う

猟期が始まった11月はちょうどどんぐりが豊富に落ちていて獣道は餌場とつながっていた

どんぐりが無くなった今 獣道はより広範囲というか不規則になったと思う

そして警戒心がより強い物が生き残っているからさらに捉えるのが難しくなっている


括り罠のかけ方を12月いっぱいで変える必要があるかもしれないな

a0163259_6495864.jpg

ナイフを砥いで やっと良い刃が付いた と思って使ったら

あっという間に刃こぼれしてしまった

鋭い刃をつけすぎた


それで砥直してあれこれやっているうちに

だんだん シャプトンの1000に刃を当てたくないな と思うようになった

キングデラックスから変えたとき シャプトンの研磨力 平面維持力には本当に驚いたけど

シャプトンは砥感が硬すぎる気がしてきた


我が家にある刃物はほとんど鍛造の鋼ばかりだ

鍛造鋼の切れ味 研ぎ味が好きだ 錆びるのは気にならない 

というかよく使う刃物はそんなに深い錆にはならない

ステンレスは好きじゃないし 粉末鋼のような高級鋼材は使ったことがない 

柔らかい鉄に合う滑らかな砥感の砥石 ということでスエヒロのSKG24を選んだ


あたらしい砥石に鋼をのせると

ぴたりときた


砥ぎ方も研究して最近は短い小刻みなストロークで砥ぐようにしている


片側15度

サリサリ華奢な音

鋼は見事な梨地を作って 霞んだ
a0163259_7522337.jpg


いいねぇSKG24

すごくいい

ジェントルな砥感

小刃はシャプトンの5000に名倉天上を合わせてやってみた

これもすごく良い

名倉で砥面が滑らかになった

シャキッと揃った良い刃がついたと思う

a0163259_7352359.jpg


猪は自然薯を掘っている

シカはマユミの木の皮をかじっている

私は薪を集めた
[PR]
by kuhgzagza | 2015-01-22 07:09