菌の惑星

<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベーコンできた

a0163259_1558135.jpg

朝五時に火を入れて

途中の火の管理 温度管理 煙の調整

細かく先生の指示を仰ぎ

出来上がったのが夕方5時

うーむ

素晴らしい出来だ

ひとりではなかなかここまでできないな



完成したベーコンを仕舞う時

手間をかけてたどりつく至福を感じるだなぁ

a0163259_1625136.jpg

新しいニワトリをもらえることになったから

あまり卵を産まない古いのを2羽しめた

なんか最近こんなことばっかりしてる

長女がしめるのを見たいというので まあ隠すもんでもないかなと いつもどおりやったら

前にやったときのことを細かくよく覚えていて

手伝ってくれた

a0163259_168184.jpg

記録的な寒波だというので里芋を頑張ってほったけど

まだけっこう畑に残っている

マルチの上に土を乗せて更にもう一枚マルチを張って防寒対策をした

どーなるかな

寒さで傷んでダメになっちゃうかもな

a0163259_16105689.jpg

パウダースノーが降り出した

気温がとても低い

明日の朝は路面がアブナイな

せっかく掘った芋だけど出荷に行けないな

a0163259_1616259.jpg

シシの差し止めに使っている剪定ハサミブレードもそろそろ変えてやろう

専用のスエッジのついたブレードを作りたいなとずっと思っていた

S30Vはやっぱり削り心地がサラサラしている

一応ヒルトをつけて 柄の棒に挟み込む形に作ってみようと思う

ふつうのナイフの作りとちょっと違うし段取りがうまくいくかな
[PR]
by kuhgzagza | 2016-01-24 16:19 | 狩猟

醤油 ベーコン 仕込み

a0163259_10571923.jpg

今年の冬はこれまで異常な暖冬傾向だった

ここ数日は寒い

冷たい風が吹いている

山も静かになった



醤油仕込みは三年生

小麦6キロオーブン四段190度45分

豆も六キロ二鍋いつもどーり



a0163259_10585290.jpg

いつもは別室で全部着替えてするのを今年はサボることにした

発酵食品作りで一人複数菌を扱うのは御法度であるけども

大変すぎるのでいつも納豆を作るところで麹の発酵をやってみるのだ

a0163259_1651187.jpg



キッチンをいったりきたり

熱い豆を冷ましたいのに

触れるものすべてに納豆菌がついていそうで下手なものに触れない

体をちぢこめるようにして盛り込んだ

今年はモチ箱を買い足したから7段 去年よりすこし薄く盛る余裕があるぞ

a0163259_1124283.jpg

発酵もいつも納豆をするところでやってみるのだ

温度管理がしやすいがどーなるかな

一応アルコールスプレーで丁寧に掃除したつもりだが

蔵付きの納豆菌にやられるか・・・



a0163259_1143879.jpg

同時進行でイノシシベーコン作り

先生と一緒に楽しいソミュール作りw

んー この香り

a0163259_1145069.jpg

おお!!

この艶!!

美しい
[PR]
by kuhgzagza | 2016-01-16 11:07 | 醗酵系

絞る

a0163259_1633879.jpg

いつも蜂蜜を絞るときは垂れ蜜だけとってあとは捨てていたのだけど

もったいないなぁと常常思っていた

それでオークションではちみつの絞り器の古いのが格安であったので手に入れてあった

そろそろ醤油の絞り時期だ

遠心分離機で醤油絞りはどーなんだ!

やってみよー


a0163259_1635838.jpg


うむ

結論から言うと

醤油絞りは手動の遠心分離では無理があって

やはり圧搾が良いんだろうということがやってみてわかった

昔の道具を見ても醤油絞りは圧搾なのだ

手動遠心分離機ですると大変だしきちんと絞れない

しかし自然落下に任せるよりはいくらかスピィーディーにしぼれる

うーむ

だいたい道具がハチミツ用なのでモロミ絞りに向いていない

洗濯ネットにモロミを入れただけでは隙間からはみ出てしまう

野菜の苗箱のプラスチック網でアタッチメントを急遽作成して

モロミでびっとんびっとんになりながら

なんとか絞った

2時間ぐらいで荒絞りは出来たから去年よりはよっぽど素早くできた

もーいっぺんサラシで漉したら綺麗になるはずだ

いやぁ

豆植えて 小麦やって 醸して なんだかんだでえらい手間だなぁ
a0163259_16444091.jpg

なんていうのかな

この感じ


たぶん出来上がった醤油は

ふつうの醤油と大差ないんだろう

人に差し上げたって

へー 醤油ね っていうだけで味は大したことないと思う程度だろう


この褐色の液体は私にとってはとても長い道のりだった


血となり肉となるもの

別にいーんだ 誰も分かってくれなくたって


とおもっていたら

保育園から帰ってきた長女が、醤油を絞ったことは何も話していないのに

「ねえねえ おとやん まえにあの納豆の お水につけた あれ まだあるん?」と言った

服についた醤油の匂いで思い出したらしい


そうこなくっちゃなのだ

2回目の絞りは一緒にやるかー
[PR]
by kuhgzagza | 2016-01-06 16:56 | 醗酵系